CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
FIGARO japonに昆布巻が紹介されました
 FIGARO japon フィガロ ジャポン(2012年 1月号)に
当店の昆布巻が紹介されました。
これまでにも色々な雑誌で当店、もしくは当店の商品を
とりあげていただきましたが、まさかのファッション誌 
しかもあの「フィガロ」・・・ということで内容は・・・

figaro表紙

























figaroお取り寄せタイトルは
食のスペシャリストが太鼓判!
年末年始のお取り寄せ、ベスト63選。
全国のおいしいものを
知り尽くしている食の
達人が、冬のとって
おきのお取り寄せ商品
を紹介するという企画













料理人やフードジャーナリストの方々が
オススメする全国各地の鍋セットや
日本酒、酒の肴などが紹介される中・・・



figaro記事






 「お節のいろいろ」
 というカテゴリーの
 中に にいがた石山
 の「昆布巻き」
 紹介されました。

















オススメしてくれたのは郷土料理研究家清 絢(きよし あや)さん。
ちなみに郷土料理研究家の清(きよし)さんは1年ほど前「旅ガール」
という旅行雑誌の取材で当店におみえになった際、「昆巻き」
召し上がっていただきました。
figaro記事 昆布巻き




























昆布巻これから冬にかけてが一番美味しい時期です。
中身に使う鮭にあぶらがのり、煮汁の中に鮭の頭を入れてダシをとります。
全国各地 お取り寄せ可能です。皆様 是非一度お試しになってください。

| - | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
にしんの山椒漬けできました!
 さあ!みなさん お待たせいたしました!
「ニシンの山椒漬け」の完成!いよいよ販売開始です!
「にいがた石山」やみつき度ナンバー1商品 「ニシンの山椒漬け」
2011年の新物です。



みがきニシンと山椒の新芽をちょっぴり酸味のきいたしょう油ダレに
漬け込みました。


*おいしい食べ方*
ニシンの皮を剥ぎ、一口大の削ぎ切りに。
 
山椒がお好きな方は是非、山椒の新芽と一緒に食べてください。
新芽は柔らかいので、歯ざわりをあまり気にせず食べられます。

のどもとを過ぎたあとも、鮮烈な山椒の香が口の中に広がり、
あとをひきます。
「やめられない 止まらない」と中毒者続出。

どうしても山椒の新芽が出る時期にしか仕込むことができないため、
数に限りがあります。

毎年、次の年の仕込みまでは在庫がもつ様にと、なるべく沢山仕込よう心がけておりますが、年々リピーターも増え、昨年度は年末を迎える前に売り切れてしまいました。
「お正月に食べたかったのに〜」言うお嘆きの声も数多く聞こえ、大変申し訳なく思っております。
また、5月に入ってから「まだか? まだか?」と毎日のようにお問い合わせくださったお客さま、本当にお待たせいたしました。
今年も「ニシンの山椒漬け」おいしく仕上がりました。

「ニシンの山椒漬」
1パック 700円


ネットショップ、電話、FAXにてご注文承ります。

| - | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブログ再開! お惣菜はじめました!
さて、久々のブログ再開。
と、いうことで ブログをお休みしていた間に何があったかをご報告。

まあ おかげさまで、テレビに取り上げられたり雑誌に掲載されたりと
色々あったのですが、とりあえず一番大きな出来事としては、それまで
魚介類加工業としての営業許可しかなかった当店、新たに食品調理業
としての営業許可も取得。お惣菜・焼き魚など調理品の製造・販売
開始
したということです。

実は、それまでにも常連さんからのリクエストで、ウチの商品を使って料理を
作ってあげたり、サービスで魚を焼いてあげたりしていたのですが、次第に
そのようなご要望が増えたため、本格的に食品調理業を始めたということです(つまり、なんとなく自然の流れでそうなりました。)

 
お惣菜のメニューは色々。朝から仕込みをはじめ
お昼12時ごろから店先に並び始めます。

   
(玉こんにゃくとイカの煮物)    (菊と蓮根のかき合えなます)
なるべく地元 新潟産の素材を使い、季節の旬を大切にしています。
化学調味料・保存料などは使わず、天然のだしにこだわっています。
(そもそも 鰹節・昆布・煮干・貝柱などを扱っている店なので・・・)

 
(天ぷら盛り合わせ)
火曜と金曜は天ぷら・フライなど 揚げ物の日

 
当店でお買い上げになっていただいた自家製干物などを
炭火で焼きます。焼き代は無料。(お時間だけください)


さらに食品調理業の開始に伴い、店内の一部を焼きたての魚や
お惣菜などをその場で食べたいというお客様のためにお休み処として
開放しました。(簡単に言うとイートインスペースのようなものです。)
現在、特に観光や出張などで新潟を訪れたお客様によくご利用いただいております。

  
(株)石山商店本店 
店内で焼き魚やお惣菜などが召し上がれます。

 
事務所として使っていたスペースをお休み処にしました。
60年前の店内がほぼそのまま残っています。


11月中旬〜年末には鮭を寒風干しにするため、鮭ののれんがかかります。


鮭ののれん(店内から)

そんなこともあってか(?)おかげさまで、昨年末にはテレビ東京の番組
土曜スペシャル
(12/25 O.A. 「年末の買出し&グルメガイド 史上最強の市場めぐり」)で当店を取り上げていただき、店内ではタレントで医師の
西川史子先生・内山信二さん・モト冬樹さん・イタリアンシェフの
フランチェスコ・ベリッシモさんが目近鮭と時鮭の食べ比べを
していかれました。

 
西川先生は「時鮭の切り出し」をご購入。
ありがとうございました。

これからも、季節のオススメ商品などをご紹介していきますので、
宜しくお願いします。


| - | 10:00 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
焼き魚指数

日本全国 猛暑続き! 
このところ新潟市内も暑い日が続いております。

実は最近 当店で鮭・干物をお買い上げになっていただいた
お客様から買った魚を焼いて欲しいというリクエストが相次いだため
店頭で魚を炭火焼きにするサービスを行っていました。

 
(にいがた石山 本店前の仮設焼き場 暑い日は50度以上に・・・)

お客さんによると「家に帰ってすぐ食べられる」「魚は炭火で焼いた方がおいしいけど、自宅で炭火をおこすのはちょっと・・・」「とりあえず暑いから自宅で火を使いたくない」ということだそうです。


一番リクエストが多い
銀だらの醤油漬け 1枚(400円)



真冬にたっぷり卵を抱え 冬のイメージが強いハタハタですが、実は産卵期を迎える前、卵に栄養分をとられる今 夏から秋にかけてが身に脂ものって干物には最適
ハタハタの一夜干し 1本(100円)


新潟の地魚代表
柳カレイ(大) 1枚 (1,100円 前後)


白身魚の高級魚 (上の写真は半身だけ)
ノドグロ(大) 1枚(3,000円 前後)

と、いうことで始めた炭火焼のサービスですが、魚を焼いてる最中に通りがかりのお客さんから「私にも焼いてくれ」「それが焼きあがったらゆずってくれ」という声が殺到。日に日に暑くなるにつれ焼き魚の売れ行きも上昇していきました。

ここで分かったことが一つ。つまり・・
焼き魚の売れ行きは気温の上昇に比例する」ということです
世の中にはビールやアイスクリームがよく売れる温度帯や湿度などがあるそうで、気象関係機関からは”ビール指数””アイスクリーム指数”なども発表されていますが、このまま魚を焼いて統計をとり続ければ、いずれ”焼き魚指数”なるものもできるかも・・・

8月8日(日)・15日(日)は休まず営業いたします。
新潟のおみやげに本町・人情横丁「にいがた 石山」の海産物を是非どうぞ!



| - | 12:12 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
極上! 室谷のゼンマイ 入荷!
 お待たせいたしました。「室谷のゼンマイ」干しゼンマイ)入荷しました!
 
新潟県 室谷地区で採れるゼンマイは主に高級料亭などで使われる
ゼンマイの最高級品。*くわしくは にいがた石山 HP商品案内をごらんください。



今年は天候のせいか収穫量はさほど多くなかったようですが、とにかく太い!
かなりの上物です。

ごらんください この太さ! コンビニでもらう割り箸(割る前のもの)とほぼ同じ太さです。
 


干しゼンマイを水で戻すと約7倍くらいの分量になります。
(写真は干した状態で200グラムのものです)

ゼンマイの最高級品「室谷のゼンマイ」 ご注文はお早めに!
希少価値が高いので決して安いものではありませんが、一度このゼンマイを食べたらもう他のゼンマイは食べられないというお客様が多く、売り切れ必至の商品です。

「室谷の干しゼンマイ」250グラム入り)  6,500円(税込み)
「室谷の干しゼンマイ」500グラム入り) 13,000円(税込み)

干しゼンマイを食べてみたくても”戻し方がよくわからない””戻すのが面倒” という方には
簡単 便利、すでに戻し済みの商品もございます。

「室谷もどしゼンマイ」200グラム) 1,000円(税込み)

ご購入は「にいがた 石山」ネットショップから・・・
もちろん電話・FAXでのご注文もお待ちしております。


| - | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
初夏の味 ニシンの山椒漬け
「 ニシンの山椒漬け」仕上がりました!


身欠きニシンをとれたて新鮮な山椒の新芽と一緒に
さわやかな風味のダシ汁に漬け込みました。
ビールのお供に!冷えた日本酒には特にピッタリ!
初夏にふさわしい、さっぱりとした珍味です。

6月に入り、緑の葉が生い茂る頃、当店では毎年、山椒の新芽を摘んで
「ニシンの山椒漬け」を造ります。
 

今年は新潟県北部 阿賀野市で山椒の葉をつみました。
すがすがしい山椒の香りを逃がさないように、
山椒の葉は摘んでからなるべく早く、その日のうちにニシンと漬け込みます。 
 
ほのかに酸味のついた、うすくち醤油ベースのタレと鮮烈な山椒の新芽の香りをニシンの身の中に閉じ込めるように漬け込みます。
 

袋から取り出し (歯ざわり・残ったウロコが気になる方は薄皮をはいで)そのまま一口大にニシンの身をそぎ切りすればOK。簡単、手間いらず、やみつきになることまちがいなしの初夏の味です。



1袋700円(税込み) ご購入は「にいがた 石山」ネットショップからどうぞ。もちろんFAX、電話からもご注文承ります。




| - | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
佐渡から超大物! 
写真のタイとヒラメ 大きさがわかるでしょうか?
それぞれの魚と一緒に写っている青い四角は携帯電話です。
タイもヒラメもあまりにも大きかったので写真におさめました。



ヒラメは佐渡沖でとれた天然もの。
当店の裏にあるニュージーランド出身のクレイグさんが
経営するパブ”LOCAL”で”フィッシュ&チップス”用に仕入れたもの。
クレイグさんは経営者ながら自分で包丁を握る料理人。
”フィッシュ&チップス”というとタラをイメージする人が多いと思いますが
地元のニュージーランドではタイやサメを使うことが多いのだそうです。
(鯛でフィッシュ&チップスなんて贅沢だな〜)
先日も鯛をお買い上げになっていただきましたが、今回はこの
巨大ヒラメで"フィッシュ&チップス”。ビールがすすみそうですね。

タイも佐渡沖 小木産。もちろん天然。
瀬戸内海では明石の鯛が有名ですが
日本海では佐渡か粟島。(新潟県北部の島)



鯛の旬は、よく”桜鯛”というように桜の咲くころ=春と
いうイメージがありますが、産卵期を迎えるちょっと前,
卵、白子を抱える今ごろも美味しい時期。
(おそらく温かい地方の海ではもう産卵は終わったかも)

写真のタイはウチで仕入れたものではなく
お得意様から”おろして欲しい”と持ち込まれたもの。
半身は皮を湯引きにしてお刺身に、もう半身は
オリーブオイルでソテーしたそうです。
ウチでは一夜干しにするためここまで大きいタイは
仕入れませんが、
佐渡沖で獲れたタイの一夜干しも
製造販売しております。(まだネットショップの商品
登録はしていませんので、ご要望の方はお気軽に
お問い合わせを・・・)

| - | 17:00 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
旬の出会い
問題です
下の写真2つとも鮭の類ですが、それぞれの種類名をお答えください。
ヒント:撮影日は5月初旬

これがすんなり答えられるアナタはかなりの鮭通




と、いうことで正解は・・・
上が時鮭(トキシラズ)下が本マス(サクラマス)

実はこれ 先日 店先で実現した豪華な2ショット
トキシラズは5月頃から7月頃までに獲れるシロザケで今が「旬の走り」
サクラマスは3月頃から5月頃、桜が咲く頃に獲れるマスで今が「旬のなごり」 
*詳しくは「にいがた 石山」HP「時鮭」「塩マス」をご覧ください 

写真のトキシラズは北海道産でウチでは今年 初入荷、
サクラマスは青森産(この時期 新潟沖ではもう獲れなくなり
桜前線と同様 北上してしまいました)


(桜の咲く頃が旬の盛り サクラマス)

「旬のなごり」「旬の走り」が重なる ちょうどこの時期にしか
見られない「旬の出会い」の光景です。
昔から日本人は食べ物の旬を大切にしてきました。
中でも旬の”なごり”走り”の食材を使った出会いもの」
1年のうちで限られた期間しか楽しめない贅沢な味。
例えば、ワカメと竹の子、ハモと松茸など、一つの椀に盛って
季節の移り変わりを味わってきました。


(これからが旬の盛り トキシラズ)

本マス(サクラマス)に時鮭(トキシラズ)2種類とも希少価値が高いため、結構値もはるのですが、
実はこれ一人のお客さんから来たご注文。
どうしてもこの時期に両方の味を楽しみたかったそうです。
それにしても鮭の味だけで「旬の出会い」を楽しむなんて
イキですね〜。


| - | 10:30 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
手前味噌な話
味噌造り 
 ゴールデンウィーク最後の日曜
この日は快晴。

やっと今年の味噌が仕込めました。
銀ダラや鮭の味噌漬けに使う自家製味噌です。
既製品の味噌でなかなか納得のいくものがないので
毎年 自分たちで味噌を造っています。
例年花見の頃には仕込みを終えているのですが、
今年はぐづついた天気が続き、なかなか味噌が仕込めませんでした。

 

原料は新潟県田上町産の大豆、魚沼産のコシヒカリ、そしてコシヒカリからとった米麹。
もちろん食品添加物は一切入りません。
新潟の味噌は別名「越後麹味噌」と言われるくらい
麹をたっぷり使い、米を丸米のまま入れるのが特徴です。
 銀ダラ・鮭の味噌漬け
                           
などに使用します

10月頃にはおいしく仕上がります。皆さん それまでしばしご辛抱を・・・
(特別な味噌はそこから更に1年寝かせて熟成させます。)
                                     手前味噌な話でした。



| - | 10:30 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |